管理薬剤師求人・トップページ > 管理薬剤師の20代の求人・転職

管理薬剤師の20代の求人・転職

管理薬剤師の20代の転職にはいろいろなパターンがあります。まず、すでに管理薬剤師として働いている20代が転職する場合は、その転職理由によっても違うでしょう。たとえば、若くして管理薬剤師になったものの、やはり調剤業務がやりたいので別の薬局でやり直したいという人もいれば、管理薬剤師の職務を果たしているにもかかわらず、給料がそれに見合っていないのでもっと手当の多いところで管理薬剤師になりたいというケースなどです。

いずれにしても、管理薬剤師経験のある20代の薬剤師ということであれば、転職は難しくはありません。調剤薬局での管理薬剤師経験があるということは、それなりの実力を見込まれてその役職に就いたということですから、採用する側としても安心でしょう。たとえ一般の薬剤師を希望しての転職だとしても、それに見合った仕事は期待できるので、採用される確率は高いです。また、薬局以外の一般企業や病院への転職であっても、管理薬剤師経験がある20代ということであれば問題なく出来るのではないでしょうか。

一方、薬局側が20代の管理薬剤師を採用しようとなると、かなり困難です。20代の管理薬剤師というのは以外と珍しくはないのですが、転職しようとしている薬剤師がそれほど多いわけではありません。転職を希望する20代の管理薬剤師の多くは、職場のストレスが多くて別の職場を希望していたり、管理薬剤師の手当が少なくてより待遇のよい薬局を探している場合などですから、若いスタッフが多い職場や、待遇が良い薬局などであれば、管理薬剤師として迎えることも可能かもしれません。また、ドラッグストアなど管理薬剤師の配置が必要な店舗が、経験が浅くても管理薬剤師になれるということで高給で求人を出すこともあります。

管理薬剤師候補として20代の若い薬剤師の求人も少なくありません、管理薬剤師を求める薬局は多いのですが、管理薬剤師はスタッフをまとめることも必要になるため人間性も求められることから、誰にでもできるわけではありません。そのため、いきなり管理薬剤師として採用するよりも、管理薬剤師候補として採用して、その能力とスタッフとの馴染み具合を見てから管理薬剤師にしようという薬局も多いのです。採用される方も、いきなり管理薬剤師の能力を求められるわけではないので敷居が低く、応募しやすいというメリットがあります。管理薬剤師候補の募集に管理薬剤師の経験者が応募することも少なくありませんから、まずはそのスタンスから求人を行なう薬局もあります。

管理薬剤師の求人に強いサイトランキング!

リクナビ薬剤師

>> TOPページで管理薬剤師求人に強い転職サイトランキングをチェック!