管理薬剤師求人・トップページ > 管理薬剤師の30代の求人・転職

管理薬剤師の30代の求人・転職

30代になると、管理薬剤師の転職も多くなります。やはり20代に比べて管理薬剤師としての経験も積んで自信がついてきた頃ですし、ステップアップを望むタイミングでもあります。転職するにしても、40代よりは30代のほうが一般的に転職しやすいと言われますから、それを意識して転職活動をする人が多くなるのです。

30代の管理薬剤師が転職する場合、やはり重視するのは給料のアップでしょう。薬局で勤務する場合、30代で管理薬剤師になっていると、それ以上大幅な給料アップはなかなか期待できません。一方、転職が上手くいけば、年収にして一気に50万や100万アップすることも可能ですから、それを期待して転職活動を行う人が増えるというわけです。また、30代になると家庭を持つ薬剤師も多くなりますから、この先の給料を考えて家族のために給料の高い職場に移りたいというケースもあります。いずれにしても、待遇重視の転職が多くなるのは確かです。

一方で、スキルアップのための転職がないわけではありません。スキルアップと言えるのかは微妙ですが、薬局よりも患者さんが治っていく経緯が見えるからという理由で病院に転職する人もいますし、製薬会社の研究職を目指す人もいます。また、いろいろなところで仕事をしてみたいといって治験コーディネーターなどになる人もいます。いずれにしても、違う業態のところに転職するのであればやはり30代を過ぎると難しくなってきます。やりたいことがあるのであれば30代のうちにチャレンジしておいた方がよいでしょう。たとえそのチャレンジが上手くいかなくても、管理薬剤師の経験があれば薬局への転職は難しくありません。

薬局から薬局への転職の場合、やはり管理薬剤師に最も求められるのはマネジメントのスキルです。そのため、ある程度人数に多い薬局で管理薬剤師をしていた経験があると、転職の際に採用されやすくなりますし、給料も高くなる可能性は高いでしょう。管理薬剤師と言っても、自分一人しかいない薬局もあって、そこでは当然管理薬剤師ということになりますし、ドラッグストアなどで管理薬剤師をしていてもマネジメントは行わないためそのスキルは身につきません。管理薬剤師としての市場価値を身につけるのであれば、早めに人数の多い薬局へ転職して、管理薬剤師になり、その経験を積んでおくとよいでしょう。40代で管理薬剤師の経験がないと管理薬剤師としての転職は難しくなりますから、できるだけ30代のうちに経験しておくことをおすすめします。

管理薬剤師の求人に強いサイトランキング!

リクナビ薬剤師

>> TOPページで管理薬剤師求人に強い転職サイトランキングをチェック!