管理薬剤師求人・トップページ > 管理薬剤師の40代の求人・転職

管理薬剤師の40代の求人・転職

40代の管理薬剤師の転職は、それほど多くはありません。転職しようとする人も減りますが、求人も30代に比べるとかなり少なくなります。薬剤師は比較的早くに管理薬剤師としてマネジメントを経験する人も多いため、20代や30代でもマネジメント経験のある管理薬剤師の採用が可能だというのもその原因のひとつでしょう。わざわざ基本給が高くなりやすい40代を採用する理由が少ないのです。

しかし、中には40代の薬剤師を選んで採用する薬局もあります。それは40代薬剤師の経験に期待している場合です。一般的に40代にもなれば、ある程度長く薬剤師としてキャリアを積んでいますし、管理薬剤師としてマネジメントも経験しているもの。その経験を活かすことができるかどうかが分かれ目になります。中でも、薬局が期待するのは管理薬剤師としてのマネジメント経験です。管理薬剤師は、医薬品などの管理だけでなく、スタッフのマネジメントも行うため、あまり若いと難しいケースもあります。やはり管理する方にしてもされる方にしても、管理薬剤師が年長のほうがやりやすいのが本音です。そのために、わざわざ40代の管理薬剤師を採用するのです。

ですから、40代の管理薬剤師が転職する際に必要なのは、薬剤師としてのスキルは当然ですが、コミュニケーションスキルが非常に重要です。いくら調剤のスペシャリストでも、コミュニケーションがとれない薬剤師では、管理薬剤師の業務は勤まりませんので採用は難しくなります。今いるスタッフと上手く馴染めて、信頼を得ることができそうかどうかがポイントになるでしょう。ですから、管理薬剤師として転職するには、それまでに管理薬剤師の経験をある程度積んでおくことが非常に重要で、これまでの管理薬剤師としてのマネジメントスキルが即戦力として活かせることは、転職先の薬局にとっても非常にプラスになるのです。

とはいえ、それまでいた薬局に別の管理薬剤師がいたために、管理薬剤師の経験ができなかったという人もいるでしょう。その場合は管理薬剤師候補としての転職になります。たしかに経験者に比べると難しい点はありますが、それでも薬剤師としては十分に即戦力ですし、マネジメントについてもやる気を見せることで採用される可能性は少なくありません。年収の面では、即戦力の管理薬剤師に比べると少なくなるでしょうが、管理薬剤師になれば手当がつくところも多いので、まずは管理薬剤師になれる可能性のある薬局に転職することが大切です。

管理薬剤師の求人に強いサイトランキング!

リクナビ薬剤師

>> TOPページで管理薬剤師求人に強い転職サイトランキングをチェック!