管理薬剤師求人・トップページ > 管理薬剤師の50代の求人・転職

管理薬剤師の50代の求人・転職

50代になると、薬剤師の求人もかなり少なくなります。しかし、管理薬剤師であれば、転職が出来ないわけではありません。求人は少ないものの、即戦力として採用する薬局もありますし、管理薬剤師としての経験をポイントに採用する薬局もあります。

中でも、50代になると管理薬剤師のマネジメント経験は非常に重要です。管理薬剤師は比較的若くなる人も多いのですが、そうなるとどうしても年上の薬剤師と後輩の薬剤師の間で板挟みになって、ストレスを感じることも少なくありません。その点、50代になればほとんどの薬局では最年長ですから、年長者への気兼ねはありませんし、スタッフも指導されたときに納得しやすいというメリットがあります。人間関係が上手くいかない薬局は特に、若い管理薬剤師では揉め事の解決などが難しいケースも多いので、管理薬剤師としての経験も、人生経験も豊富な50代の人材が役に立つというわけです。

そのため、いくら経験が豊富でもコミュニケーションスキルが低いと転職は難しくなります。確かに年長者ということで、薬剤師への指示はやりやすいでしょうが、年上だからといって偉そうにしていたのでは薬局のスタッフの信頼を得ることはできませんし、結局溝が深まるばかりです。年長者だからこそ、スタッフが自然に尊敬できるような人間性が求められますから、決して簡単に転職できるというわけではありません。

管理薬剤師の経験が豊富な50代の場合、管理薬剤師としてではなくても、そのサポート役として採用されるケースもあります。もちろんその場合は管理薬剤師の手当てはつかないので給料アップということにはなりませんが、若い管理薬剤師をサポートして、年長の薬剤師を上手くコントロールしたり、管理薬剤師としての業務を教えるのがその役割です。スキルアップというわけにはいきませんが、管理薬剤師ほどの責任やストレスもなく、今までの経験を活かすことができるため、やりがいはあるでしょう。求人としてもそれほど多いわけではありませんが、高給を望まなければ求人はないわけではありません。また、こうした働き方であれば、正社員ではなくアルバイトやパートでの勤務も可能です。まだリタイアという年齢ではありませんが、アルバイトやパートで休みを多めに取りながら働くというやり方もいいかもしれません。ただし、年齢不問という求人は少ないので、年齢制限がある求人でも積極的に応募することも必要でしょう。

管理薬剤師の求人に強いサイトランキング!

リクナビ薬剤師

>> TOPページで管理薬剤師求人に強い転職サイトランキングをチェック!