管理薬剤師求人・トップページ > 管理薬剤師の募集時期

管理薬剤師の募集時期

管理薬剤師の募集時期は、一般の薬剤師とそれほど違いがあるわけではありません。管理薬剤師音求人を行うのは、管理薬剤師が必要になったタイミングです。つまり、前任の管理薬剤師が退職してしまうので、その欠員を補充したいというのがほとんどでしょう。チェーンの店舗等であれば、一般の薬剤師を募集する際に、将来的には管理薬剤師として店舗を任せることができる人材を採用しようとするケースもあります。いずれにしても、常に薬剤師が不足していて年中求人を行っているか、薬剤師の退職にともなって求人を行うかのどちらかが大半です。

年中求人を出していて、もし管理薬剤師が応募してくれれば幸いといったチェーンの薬局の場合は時期は関係ないのですが、薬剤師の退職に伴って求人を行う場合は、当然薬剤師の退職時期と求人の時期が重なることになります。薬剤師の退職時期としては明確に多い少ないがあるわけではないのですが、やはり区切りの良い4月から転職先で働きたいというケースや、ボーナスをもらってから退職したいということもあり、3月、6月、12月がもっとも退職者の増えるタイミングです。この時期に退職する薬剤師がどのタイミングで職場に退職意志を伝えるかは、就業規定によっても異なりますが、後任のことを考えるとやはり1〜2ヶ月前には伝えるのが一般的でしょう。3月末での退職の場合は1〜2月に退職を伝えることになります。そのため、その時期は管理薬剤師の求人が増えるのです。

一方ボーナスをもらってから退職しようと考えている場合、6月末や12月末での退職のために5月や11月に退職を伝えることもありますが、人によってはボーナスが減らされることを心配してボーナスをもらってから退職を伝えるケースもあります。そうなると退職時期はずれ込むものの、確実にボーナスを満額貰えることになるのです。そのため、多少時期は分散しますが、やはりボーナス時期の前後に求人が増えることには変わりありません。

とはいえ、管理薬剤師の求人は年中出ているのが実情ですし、求人が多い時期というのは当然応募者も多い時期になりますから、その時期を外したほうが意外と条件のよい求人があっさり決まることもあります。求人のないタイミングはそれほどありませんので、募集時期についてはそれほど気にしなくてもよいでしょう。急いで転職先を決めるのも失敗の元ですから、余裕を持って長い期間を情報収集にあてるくらいでよいのではないでしょうか。

管理薬剤師の求人に強いサイトランキング!

リクナビ薬剤師

>> TOPページで管理薬剤師求人に強い転職サイトランキングをチェック!