管理薬剤師求人・トップページ > 管理薬剤師の求人を病院で探す

管理薬剤師の求人を病院で探す

管理薬剤師になる場合、病院、調剤薬局、ドラッグストアなど勤務先は色々あります。ただ、それぞれで普通の薬剤師の仕事が異なるように、管理薬剤師の仕事も異なってきます。調剤薬局やドラッグストアの管理薬剤師の仕事が薬事法で定められているのに対し、病院の場合、医療法が関係してくるようになります。このように法律でも異なってくるため、病院での管理薬剤師はどのような仕事をするのか、きちんと把握することが大切です。

病院で管理薬剤師として働きたいと思っているのであれば、まずは病院で薬剤師として働くことが一番の近道です。調剤薬局やドラッグストアで働いていて、病院の管理薬剤師への転職を考えている場合は些か不都合なことも起こります。病院で高度な薬剤師の仕事をしつつ、管理薬剤師として責任管理を全うすることは簡単なことではありません。全てが初めてのことになるので、最初は戸惑い、仕事内容に慣れるまでは肉体的にも精神的にも疲れることもあるでしょう。したがって、病院で薬剤師として勤務しながら管理薬剤師にステップアップすることが理想にはなります。

さらに病院と一概に言っても、大学病院や総合病院、中小規模の病院や個人開業している病院などによって、管理薬剤師の仕事内容も変わってきます。また民間の病院や国公立の病院かどうかによっても給与も大きく異なってきます。一般的に言われるのは、民間の病院はそこまで給与が高いわけではなく、国公立の病院は公務員扱いになるため、働く年数を積めば積むだけ給与は右肩上がりに上がっていきます。もちろん給与だけで決めるのは良くありませんが、公務員であればいわゆるリストラがなく、給与も安定しているため景気にも左右されず、安心して働くことができるといったメリットがあります。

このように病院で管理薬剤師として働きたいと思っている場合、その病院も様々な形態があるので、それぞれのメリットやデメリット、さらに働き方の違いを明確にしておく必要があります。ただ、自分一人でそれらを考察するのは些か大変でしょう。そのような際に便利なのが薬剤師専門の転職エージェントです。エージェントに登録すると希望を聞かれるので、病院で管理薬剤師として働きたいという旨を伝えましょう。そうするとその希望通りの求人をキャリアコンサルタントが探してきてくれるので便利です。

また、どのような仕事内容なのかも詳細を教えてくれます。求人票には載っていない現場の生の声なども聞くことができるので、便利に活用するようにしましょう。登録も利用も無料のところが多いので安心です。

管理薬剤師の求人に強いサイトランキング!

リクナビ薬剤師

>> TOPページで管理薬剤師求人に強い転職サイトランキングをチェック!



>> 「薬剤師【※赤十字病院】求人サイトランキング」で赤十字病院の求人をチェック!