管理薬剤師求人・トップページ > 管理薬剤師の副業事情

管理薬剤師の副業事情

管理薬剤師の多くは、副業などせず管理薬剤師という本分に専念しています。薬事法によって薬事に携わる仕事を兼務することができないという事情はありますが、薬事以外の仕事を副業として営むよりも、管理薬剤師の仕事に専念する方が収入を増やしやすいからです。そこで、管理薬剤師への転職を希望する方のなかで、副業事情はどうなっているのか気になる方に、その詳細をお伝えしていきましょう。

薬事法上、管理薬剤師がいくつかの薬局で薬剤に携わる仕事を掛け持ちすることはできませんが、薬事とはまったく関係のない異業種の仕事なら特に副業について制限はありません。ただし、副業が可能なのは管理薬剤師として仕える会社の就業規則で認められている場合のみです。もし副業を始めたいと思っても、薬剤師の業務に支障がないからといって勝手に始めるのはやめた方が無難です。就業規則に副業禁止とあるならもってのほかですし、明確な禁止事項と定められていなくても、副業を歓迎する会社は少ないものです。勝手に副業を始めてもしバレるようなことがあると、管理薬剤師としての仕事を失ってしまう危険があります。必ず上司などから許可を得るようにしてください。

管理薬剤師は一般の薬剤師より収入が多い人がほとんどですが、それでも副業で少しでも稼ぎを増やしたいという方もいるでしょう。今ではパソコンがあればインターネットで自宅に居ながらにしてお小遣いを稼ぐこともできますから、管理薬剤師の業務に支障が出ない範囲で副業を営むことも可能です。それによってパソコンのスキルが上がるなどすれば、本業にも生かせて一石二鳥でしょう。しかし、管理薬剤師は任される業務が多く、特に、繁盛しているドラッグストアなら残業続きということも珍しくありません。そんななかで副業をできる余裕がどこまであるのか、よく考えてください。副業でいくらか副収入を得る場合と、管理薬剤師としてもう少し残業をがんばってみる場合と、どちらがトータルの収入が大きくなるかを考えましょう。薬剤師以外に特殊なスキルがあるのでなければ、管理薬剤師に専念した方が稼げるはずです。

管理薬剤師は調剤や接客だけでなく、医薬品の管理や従業員の管理も行わなければならない責任重大な仕事です。副業に力を入れたがために、その疲れで薬剤師の仕事でミスがあるようでは許されるものではありません。ですので、これから管理薬剤師に転職しようという方は、今から副業のことを考えるより、そもそも副業の必要がないだけの収入が得られる求人を探す努力をした方がよいでしょう。

管理薬剤師の求人に強いサイトランキング!

リクナビ薬剤師

>> TOPページで管理薬剤師求人に強い転職サイトランキングをチェック!