管理薬剤師求人・トップページ > 管理薬剤師の求人を学校薬剤師で探す

管理薬剤師の求人を学校薬剤師で探す

幼稚園や小学校、中学校、高等学校には必ず1名学校薬剤師を置かなくてはいけないと法律で定められています。児童などと直接触れ合う機会はないにせよ、子供が学習しやすい環境を整えるということが仕事となるので、子供が好きな人にとっては最適な仕事と言えるでしょう。そのような学校薬剤師ですが、管理薬剤師として働きながら学校薬剤師になれるのかというと職場次第ということになります。ただ多くの学校薬剤師が他の職場で薬剤師として働きながら学校薬剤師の仕事をしています。

このように掛け持ちができるのはなぜかというと、学校薬剤師の仕事はその幼稚園や学校、地域によって異なりますが、仕事が少ない場合が多いからです。毎日出向くということはありません。多くても月に1回、少ない場合には年に4回から5回しか仕事がないという場合もあります。仕事が少なければその分給与も少なく、学校薬剤師の年収は8万円から12万円程だと言われています。それでは生活がしていけないので、他の職場で薬剤師として働きつつ、学校薬剤師をするという人がほとんどになるのです。

管理薬剤師の求人を学校薬剤師で探す場合、学校薬剤師はほぼ一人で業務を行なうため管理薬剤師は必要がなく求人もありません。管理薬剤師の仕事は職場の人たちをまとめることが主になるので、学校薬剤師の場合、その必要がないので管理薬剤師は不必要となり、普通の薬剤師が学校薬剤師になります。ただ、誰にでも学校薬剤師になることができるかというとそのようなことはなく、まず名簿に登録する必要があります。名簿に登録をした中から教育委員会などが任命するため、運も必要になってくるでしょう。

管理薬剤師として働きながら学校薬剤師として働く場合、職場の理解が必要不可欠です。過去に学校薬剤師として働いていた人がいるような実績のある職場であれば、学校薬剤師として働きやすくなるでしょう。そのためにも、そのような職場を選んで就職、あるいは転職することが大切です。しかしそのような詳細な情報は求人票には載っていないのが普通です。だからこそ求人票には載っていない詳細について精通しているキャリアコンサルタントのいる薬剤師専門の転職エージェントを活用してみることが大切です。

学校薬剤師そのものの求人を紹介してもらうことは難しくなりますが、学校薬剤師として働きやすい職場を紹介してもらうことはできるでしょう。管理薬剤師として働きながら学校薬剤師をすることも不可能ではありません。

管理薬剤師の求人に強いサイトランキング!

リクナビ薬剤師

>> TOPページで管理薬剤師求人に強い転職サイトランキングをチェック!