管理薬剤師求人・トップページ > 管理薬剤師の実務経験

管理薬剤師の実務経験

薬剤師の免許を取得したからといって、誰もが管理薬剤師に採用されるわけではありません。「管理薬剤師」という資格も免許もありませんが、ほとんどの場合、3年以上の実務経験が求められます。ですので、薬剤師免許はあるが実務未経験という方は、求人に応募しても不採用の確率が非常に高いです。

管理薬剤師に求められる実務経験には、調剤やOTCがあります。OTCの経験はなくても採用してくれる薬局はありますが、調剤経験は必須です。管理薬剤師の業務には医薬品の管理もありますので、医薬品に関する知識はもちろん、薬事法など法律の知識も豊富な方が有利です。

また、薬局の管理薬剤師の求人のなかには、事務職や店長などと兼任できることを条件にしているものもあります。事務も兼任するのであれば、医療保険や医療事務について詳しい方が有利ですし、当然ながらパソコンのスキルも求められるでしょう。店長を兼ねるとなると、薬剤師としての経験やスキルに加え、管理職としての能力をより求められることになります。一般の薬剤師やそれ以外の従業員の勤務を管理することになりますので、部下を監督できるだけのコミュニケーション能力やマネジメント能力も必要でしょう。もし、販売した医薬品によってトラブルが発生したら、責任を負うのは管理薬剤師ですし、また、人間関係の悩みなど職場環境が悪いことを理由に従業員が辞めるようなことがあれば、管理能力を問われることになります。また、店舗全体のことを考え、経営者に直接提言する必要があることもあるでしょう。このように、管理薬剤師の求人のなかには、薬剤師としての経験だけでは不十分なほど、さまざまな業務が任せられるものがあります。もくもくと調剤だけに打ち込みたいという方には向いていない職種です。求人に応募する前に、ご自分にその資質があるのかをよく考えましょう。

管理薬剤師になる方法には、薬局内の内部昇格と転職によっていきなりそのポジションに就くという場合が考えられます。内部昇格であれば職場の人間関係などもすでに把握しているものですが、転職でいきなり管理薬剤師としてその他の従業員の上に立つことになると、従業員の管理には人一倍気を遣わなければなりません。薬事や医療関係の知識があることは必須条件として、求人案件のなかには、部下の監督や売り上げアップまでできることを想定しているものもあるので、応募前に求人情報の詳細をしっかり確認し、入社後にギャップを感じなくて済むように準備しておきましょう。

管理薬剤師の求人に強いサイトランキング!

リクナビ薬剤師

>> TOPページで管理薬剤師求人に強い転職サイトランキングをチェック!