管理薬剤師求人・トップページ > 管理薬剤師の掛け持ち・兼務

管理薬剤師の掛け持ち・兼務

勤務先にもよりますが、管理薬剤師の多くは管理業務だけを行うわけではありません。たとえば、ドラッグストアなどでは管理責任者として医薬品の管理や説明を行いますが、それ以外の時間は他のスタッフ同様販売業務を行ったり、商品を棚に並べたりすることも多いです。また、製薬会社や工場などに勤務する場合も、管理薬剤師として医薬品の管理などを行いながら、同時に事務作業など別の仕事を任されることも多いです。

薬局の管理薬剤師も、医薬品の管理やスタッフの指導など、管理業務を行うと同時に、調剤も他のスタッフと一緒に行います。いわゆるプレイングマネージャーということです。むしろ、普段の業務は一般の薬剤師と同じで、それにプラスして管理業務があるという感じでしょう。だからこそ、給料に加えて手当がつくのです。

このように管理薬剤師が行う管理業務自体は、日常の業務と兼務できるものですが、だからといって複数の店舗の管理薬剤師を兼任することは出来ません。工場であれば工場につき1人、薬局であれば店舗ごとに1人の管理薬剤師を配置することが、薬事法で定められています。そのため、チェーン展開する薬局などは全店舗に1人ずつの管理薬剤師を配置する必要があり、かなりの人数を抱えなければならないのです。

特に、薬局の場合は薬剤師の資格があれば良いというわけでなく、調剤はもちろん医療保険などにも深い知識を持ち、スタッフの教育も出来る指導力が求められるため、誰でも出来るというわけではありません。それなりに実力もあり、他のスタッフからの信頼が得られないとスムーズな店舗運営が出来ないため、人材を確保するのも難しいのです。そのため、その店舗に管理薬剤師として適切な人材がいなければ、他の店舗から移動するなり新規で採用するなどして、別のところから配属する場合もあります。兼務が出ないため店舗数だけ管理薬剤師が必要な薬局チェーンなどは、即戦力として管理薬剤師経験者を募集することもあります。

管理薬薬剤師の仕事は大変ですし、ストレスも多いのは確かですが、店舗経営にも関われるなどやりがいのある仕事ですし、経験することで転職しやすくなるのも確かです。高齢化で医療機関の充実が進む現在、薬局も増えていくことが予想されており、各店舗に必要とされる管理薬剤師のニーズはますます高まることが予想されます。薬剤師として働く以上、勘薬剤師の経験もしておくとよいのではないでしょうか。

管理薬剤師の求人に強いサイトランキング!

リクナビ薬剤師

>> TOPページで管理薬剤師求人に強い転職サイトランキングをチェック!