管理薬剤師求人・トップページ > 管理薬剤師の勤務時間

管理薬剤師の勤務時間

管理薬剤師は普通の薬剤師と違ってやるべきことがたくさんあります。患者の処方箋のデータ管理や他の薬剤師の調剤のチェック、商品の管理や調剤の際に使用する機器の管理等など全て挙げればきりがないくらいの仕事が毎日やってくるのが管理薬剤師の特徴といえるくらいです。そんな状態だと毎日休み無く働かなければいけないようにも見えますが、さすがに休みなしで働くわけには行かないので、労働規約をしっかり守らないといけません。管理薬剤師の勤務時間は週40時間確保する必要があると定められているそうです。とはいっても管理薬剤師の仕事は非常に多く、その時間内に作業を全て完了できないということも珍しくありません。おそらくは残業しないまま働くということは不可能でしょう。とはいっても残業手当がまったくないということは無いはずなので、苛酷な労働環境だとしても金銭的な面ではかなりやりがいのある仕事といえるのではないでしょうか。

勤務時間に関係ある管理薬剤師特有の決まりとして勤務中は店舗内に常駐しなければならないというルールがあります。店内に管理薬剤師がいなければ第1級医薬品を販売することが出来なくなるので、やむを得ず外に出る場合はほかの薬剤師に管理業務を代行させたり、一部の商品を売れない状態にするなどの処置をする必要があるなど管理薬剤師になると普段の行動にも色々な責任がついてくるようになります。もし代理をこなせる薬剤師がいない状態で病気になってしまったら薬局が機能しなくなってしまうので、他の仕事にも言えることですが管理薬剤師は特に健康管理が重要です。医者の不養生とも言いますが薬剤師の方も気をつけるようにしましょう。

管理薬剤師の中でも大変なのがドラッグストアで勤務している薬剤師です。ドラッグストアは普通の薬局と違って勤務時間が夜遅くまで続くので、シフトの変動によって生活リズムが変わりやすく、体調管理が難しくなります。給料が普通の調剤薬局などよりも高めなのはこういった職場環境だからなのでしょうか。大型店舗の場合は管理薬剤師として働ける人を複数雇うことがほとんどなのですが、薬剤師は転職などの出入りが激しいといわれているのでスタッフ関係は特に気を使う必要があるそうです。

管理薬剤師になると考えなければならないことが一気に増加します。仕事始めは色々と戸惑うことも多いかと思いますが、周りから頼られるような管理薬剤師を目指して頑張ってください。

管理薬剤師の求人に強いサイトランキング!

リクナビ薬剤師

>> TOPページで管理薬剤師求人に強い転職サイトランキングをチェック!