管理薬剤師求人・トップページ > 管理薬剤師のメリット・デメリット

管理薬剤師のメリット・デメリット

管理薬剤師は、一般の薬剤師より任される業務が幅広いため、それによって一般薬剤師にはない働くうえでのメリットとデメリットが生じます。それらを前もって納得したうえで、希望の働き方ができそうな職場を見つけましょう。

管理薬剤師になることの最大のメリットは収入がアップすることでしょう。管理薬剤師として勤務することになると、どんな職場でも役職の手当が付きます。手当の金額は職場によってさまざまですが、だいたい月に2〜8万円ほどにはなるようです。月2万円でも年間で24万円、8万円なら年間で96万円も収入が増えるわけですから、一般の薬剤師業務しかやってこなかった方には大きな魅力でしょう。

また、管理職という肩書がもらえること自体にメリットを感じる人もいます。一般の会社員では、平社員より係長、課長、部長と役職が上がることを目標に働く人がいますが、薬剤師の世界でも男性を中心にこうした希望を持つ人が一定数存在します。一般の薬剤師を続けていく限り、どんなに経験を積んでも役職的には最初と何の変化もないですから、管理職という肩書が付くことをメリットに感じる人がいるのも頷けます。

また、管理職という肩書に伴うことですが、管理薬剤師は一般の薬剤師より責任の大きな仕事を任されます。ミスやトラブルが発生したときには自分の責任になるわけですが、仕事の幅が広がり、重大な任務を任されることに、これまでの業務では得られなかった充実を感じるという人もいます。これをメリットに感じるかデメリットに感じるかは人それぞれですが、一般の薬剤師を続けていては経験できない経験ができるのは確かです。

一方、管理薬剤師のデメリットとして多くの人が挙げるのが、仕事量の多さです。管理薬剤師には、調剤や接客の業務だけでなく、従業員の管理や指導をしたり、対外的な折衝をしたりと、薬剤師としての業務以外にも責任の重い業務を任されます。また、職場に人手が足りないときなど、管理薬剤師が代わりに出勤するということもあります。ですので、特に人手不足の薬局や繁盛しているドラッグストアなどで、管理薬剤師の残業や超過勤務が増える傾向にあります。収入はアップしたがプライベートの時間が減ったと不満に感じる人もいるようですので、この点は注意しておいた方がよさそうです。また、管理職としての比重が増えることで、薬剤師としての業務が減ることにデメリットを感じる人もいます。管理薬剤師の求人に応募する前に、薬剤師として何に重きを置くのかをよく考えましょう。

管理薬剤師の求人に強いサイトランキング!

リクナビ薬剤師

>> TOPページで管理薬剤師求人に強い転職サイトランキングをチェック!