管理薬剤師求人・トップページ > 管理薬剤師と年齢

管理薬剤師と年齢

管理薬剤師になるために、別に資格取得のための試験を受ける必要はありません。新卒で調剤薬局などに入社して、薬剤師としての経験が3〜5年程度あれば、管理薬剤師になれる可能性は高いです。新卒である店舗に入って、その中でしばらく仕事をすると自動的に管理薬剤師に昇格するケースも多いです。ですから20代後半で早ければ、管理薬剤師に昇格するケースも見られます。

また基本薬剤師の資格を取得すれば、一生涯その資格を使い続けられます。このため、60代や70代といった年齢が上の方でも管理薬剤師として活躍しているケースも少なくありません。管理薬剤師はこのように、年齢層でみると非常に幅広いものがあります。管理薬剤師の求人情報も日本全国で出ています。その募集要項を見てみると、「年齢不問」としている案件は少なくありません。薬剤師の中には女性の方もたくさんいます。女性の場合、結婚・出産を経験する人もいるでしょう。育児をするために、一時的に職場を離れざるを得ないという人もいるでしょう。育児に余裕が出てきたら、再度薬剤師として現場復帰したいと思っている人はいませんか?そのような人でも比較的職場復帰しやすい環境が整っているといえます。休業前に管理薬剤師として仕事をしてきたのであれば、その経験を活かして職場復帰することも十分可能です。

管理薬剤師の経験ですが、転職活動をする場合、年齢が上になればなるほど重視されることは頭に入れておきましょう。30代後半から40代以降になると、管理薬剤師としてマネージメント経験があるかどうかを重視する傾向が見られます。50代になると、一介の薬剤師の求人はかなり少なくなります。しかし管理薬剤師の募集であれば、応募できる案件も見られます。

もし中高年になっても薬剤師の資格を活かして仕事を続けたいと思っているのであれば、管理薬剤師の経験を早めに積んでおくといいでしょう。そうすれば、先ほど紹介した育児などで一時的に職場を離れても管理薬剤師のそれまでの経験が評価され、復職できる可能性も高まります。年配の管理薬剤師の場合、若い薬剤師の間で生じたトラブルなどの解決を求められるケースも少なくありません。このような複雑な人間関係の調整をする能力が求められます。年齢が上になればなるほど、コミュニケーションスキルを活かして円滑に職場の人間関係が展開できるような能力が求められると思っておきましょう。人々の調整をするのが好きというのであれば、年齢が上になっても管理薬剤師として活躍できる可能性は高いです。

管理薬剤師の求人に強いサイトランキング!

リクナビ薬剤師

>> TOPページで管理薬剤師求人に強い転職サイトランキングをチェック!