管理薬剤師求人・トップページ > 管理薬剤師の人間関係

管理薬剤師の人間関係

管理薬剤師としてステップアップしたにもかかわらず、ほどなくして離職してしまうというパターンも決して珍しいことではありません。なぜ管理薬剤師になって辞めてしまうのか、人によっていろいろな理由があります。その中でも意外と多いのが、人間関係がうまくいかないことでやめてしまう理由です。管理薬剤師になると、スタッフや従業員の管理も担当します。場合によっては、薬剤師に対して指導・教育をしなければならないこともあるでしょう。その結果、若手スタッフに煙たがられてしまうというパターンは結構多いです。管理薬剤師は店舗のトップではなく、さらに上司もいる中間管理職となる場合も少なくありません。上司からは若手スタッフのミスの責任を問われることもあるかもしれません。この板挟みでストレスを蓄積してしまって、精神的に疲弊して離職するというケースは少なくありません。

管理薬剤師になると、薬剤師とはまた違った能力が要求されます。その中でも人間関係を円滑にするためのコミュニケーションスキルは特に重視する必要があります。一介の薬剤師として仕事をしてきたころと比較すると、仕事でかかわる人もバリエーションもかなり幅広くなります。薬局内の対人関係にとどまらず、例えば医者などの医療関係者や製薬メーカー、卸業者との折衝も業務の一部になります。

また管理薬剤師になると、人的管理も担当します。管理薬剤師として仕事をしていると、例えば自分のところの薬剤師が体調を崩した・妊娠したなどの理由で欠員となることも十分考えられます。このような欠員が発生した場合、ほかのスタッフが協力してその穴埋めを行います。誰がどの程度負担するか、非常に微妙なバランスの中で調整していかないといけません。職員のシフト作成も管理薬剤師が担当することも多いでしょう。微妙な人間関係であったり、それぞれのスタッフの持っている能力などを調整したりしなければならず、なかなか大変です。

薬剤師は、比較的ベテランのスタッフもたくさんいます。ですから管理薬剤師になると、部下に自分よりも年上の薬剤師が在籍していることもあります。立場と年齢が逆転している状態なので、どう接すればいいのかわからないと悩んでいる管理薬剤師もいます。このように職場の人間関係で悩む管理薬剤師はかなり多いです。しかしうまくこの微妙なバランス調整ができれば、お互いが協力し合って仕事のできる職場環境を作れます。それぞれの能力を最大限に引き出して、効率的に作業も進められるでしょう。

管理薬剤師の求人に強いサイトランキング!

リクナビ薬剤師

>> TOPページで管理薬剤師求人に強い転職サイトランキングをチェック!