管理薬剤師求人・トップページ > 管理薬剤師のスキルアップ

管理薬剤師のスキルアップ

薬剤師としてのキャリアを3〜5年も積むと、管理薬剤師にステップアップする人は多いです。管理薬剤師になるとそれまでの一介の薬剤師と比較して、異なるスキルが要求されます。スキルアップを希望していて、現在の職場では管理薬剤師への昇格が見込めないのであれば、管理薬剤師の求人に応募するといいでしょう。管理薬剤師の経験を積むことで、より広範囲なスキルを身につけられます。

管理薬剤師とは、所属する薬局や店舗、工場などにおける管理監督するのが主な役割です。具体的には、医薬品の管理のほかに従業員の監督の業務も担当します。管理職の薬剤師というイメージと思っていれば、問題はないでしょう。まず医薬品の管理ですが、その店舗や工場で取り扱っている医薬品全般に関する十分な知識を習得する必要があります。そうでないと、適切な管理や保管ができません。薬剤師になれば、医薬品に関する経験や知識を持っているはずです。しかし管理薬剤師になれば、さらにより豊富な知識が要求されると思ったほうがいいでしょう。

管理薬剤師の業務として、医薬品に関する最新の正確な情報を他の薬剤師に提供し、共有するものもあります。さらに薬情説明文のチェックなども行います。ですから情報収集能力や事務作業に関するスキルも要求されます。医薬品の管理者として、法規や法律についても理解する必要もあります。薬事法のほかにも医薬品に関連する法律がありますので、その知識についても勉強しなければなりません。さらに保険請求などについてもスキルを身に着けておくと、業務をスムーズに行えます。

従業員の監督が管理薬剤師の主要な業務の一つと紹介しました。従業員が適切に仕事をしているか、患者に対して適切な情報提供を行っているか、コンプライアンスに基づく業務遂行できているかをチェックしなければなりません。もし従業員の中で好ましくない業務を行っている薬剤師がいれば、その従業員に再教育を施すのも管理薬剤師の仕事です。薬剤師の中には、仕事や人間関係などで悩みを抱いている人もいるかもしれません。そのような薬剤師がいれば、積極的に話しかけて、時には相談に乗ることも必要です。この意味では一介の薬剤師と比較して、よりコミュニケーションスキルが伸びるでしょう。人の上に立つ以上、従業員から慕われるような人材でなければなりません。ということは、人間性も管理薬剤師として活躍するにあたって求められるスキルといえます。

管理薬剤師の求人に強いサイトランキング!

リクナビ薬剤師

>> TOPページで管理薬剤師求人に強い転職サイトランキングをチェック!