管理薬剤師求人・トップページ > 管理薬剤師に多い退職理由

管理薬剤師に多い退職理由

管理薬剤師として仕事についても、最終的には離職してしまうというパターンもしばしば見受けられます。離職理由は人によっていろいろですが、その中でも多いのは仕事が大変だからというものです。管理薬剤師になると、いわゆる調剤や製剤といった薬剤師本来の業務だけでなく、ほかにもいろいろとおこなうべき業務が加わります。例えば管理薬剤師は現場の上司になりますので、部下の管理をします。必要に応じて指導することもあるでしょう。また管理薬剤師の勤務している職場には事務員など、ほかの仕事を担当している人たちもいるはずです。彼らと折衝して職場環境の改善や効率的な作業のできるように話をする必要もあるでしょう。

薬剤師を見ると、女性の割合も多いです。管理薬剤師になったはいいけれども、先ほど紹介したように仕事量が増えることで家事との両立ができないという人も出てきます。特に育児をしているママさん薬剤師になると、両立はさらに難しくなります。離職するところまではいかないけれども、一介の薬剤師への降格を求めるケースも少なくありません。

薬剤師という業務にやりがいを持っている人も多いでしょう。すると管理薬剤師の仕事に満足できないというケースも出てきます。管理薬剤師の場合、あくまでも管理職の占める割合が高くなります。ですから現場に出て調剤や製剤、患者に処方して服薬指導する機会はかなり少なくなります。患者などと接するチャンスが少なくなるので、自分の仕事にやりがいを見いだせなくなる人もいるのです。一人薬剤師の場合には、自分で薬剤師の業務もすることがあります。しかし薬剤師が複数在籍している調剤薬局やドラッグストアの場合、薬剤師本来の仕事はほぼできないと思ったほうがいいです。

管理薬剤師の離職理由として、給料面の不満を訴える人も多いです。管理薬剤師になれば薬剤師の上司になるから収入もアップするのではないか、と思う人もいるでしょう。確かに給料に関しては、一介の薬剤師と比較するとアップするはずです。しかし管理職になると、残業手当の付かないという職場が結構あります。ですからもし仕事が余って長時間残業しても、給料の上乗せが期待できないわけです。もし仕事量が増えて勤務時間が増えた場合、額面の給料がアップしても時給換算をすれば、実はあまり変わっていない、むしろダウンしてしまったという事例も出てきます。管理薬剤師になる場合、給与体系がどう変わるのかは、事前に確認しておいた方がいいです。

管理薬剤師の求人に強いサイトランキング!

リクナビ薬剤師

>> TOPページで管理薬剤師求人に強い転職サイトランキングをチェック!