管理薬剤師求人・トップページ > 管理薬剤師の手当の相場

管理薬剤師の手当の相場

管理薬剤師の手当ては、職場によってもちろん違いがありますが、相場は3万円〜5万円程度です。年収で40〜60万円程度アップするということになります。この管理薬剤師の手当てについては、金額が違うのはもちろんですが、職場によって手当がつくのではなく、基本給そのものがアップすることもあります。どちらでも月収がアップするのには変わりないのですが、ボーナスの比率が高い職場の場合は基本給アップのほうが得になるかもしれません。

薬局の場合、管理薬剤師の業務は店舗の責任者ともいうべきもので、その責任もストレスもかなり大きくなります。人間関係のよい店舗なら比較的負担も少ないのですが、トラブルの多い店舗の場合はそのストレスで転職する人もいるくらいですから、3〜5万円の手当では割に合わないと思うかもしれません。とはいえ、それだけの金額を昇給しようとすると数年はかかりますし、年齢に関わらずにこれだけの手当てをもらえる手当は貴重ですから、給料アップを目指す人にはよいでしょう。また、管理薬剤師は、手当を狙うだけでなく、薬剤師としてのスキルアップという面でも経験しておきたい役職です。

ただし、中には全く手当のない薬局もありますから、その点は管理薬剤師になるときに確認しておいた方がよいでしょう。いくら経験になるとはいえ、大半の薬局では手当がつくわけですから、転職するという選択肢を考えても良いでしょう。なかなか聞きづらくなるケースもありますから、入職前の条件を確認する時に確認できるならしておいたほうがよいかもしれません。管理薬剤師として働いているけど、手当がつかなかったり、低すぎて辛い、という場合は、管理薬剤師の経験者として別の薬局の管理薬剤師に転職することでも給料アップは狙えます。管理薬剤師は、それだけ重要な職務ですので、手当があるところを希望するのは間違っていないのです。

管理薬剤師は、多店舗の管理薬剤師を兼任することはできませんが、同じ店舗内なら管理薬剤師と別の役職を兼任することはできます。そのため、ドラッグストアで管理薬剤師兼店長として働いたり、調剤薬局の薬局長に役職がつくならそれを兼任するなどの方法で、さらに手当アップをすることもできます。薬局の場合は、一般の企業のように係長、課長と役職が上がっていくことがないので、給料アップのためにはこうした手当がつく役職を兼任することは大切です。それだけ責任は増えますが、十分にやりがいがある仕事ですので、チャレンジしていくとよいでしょう。

管理薬剤師の求人に強いサイトランキング!

リクナビ薬剤師

>> TOPページで管理薬剤師求人に強い転職サイトランキングをチェック!