管理薬剤師求人・トップページ > 管理薬剤師の異動・転勤

管理薬剤師の異動・転勤

薬剤師の中には、転勤はできることなら避けたいと思っている人もいるでしょう。特に家庭を持っている薬剤師の場合、単身赴任か家族も一緒に引っ越すことになり迷惑をかけかねません。もし薬剤師で転勤は極力避けたいと思っているのなら、管理薬剤師になるのも一つの方法です。

管理薬剤師は薬品を取り扱っている場所では1拠点に1人必要です。調剤薬局やドラッグストアの場合、店舗に1人管理薬剤師を雇っているケースが多いです。つまりその人がいなくなれば、また新たに管理薬剤師を募集しなければならなくなります。ですから自分の店舗でずっと働いてもらうことを前提に採用するケースが多いです。このため、管理薬剤師として転職すれば転勤を命ぜられる可能性は低いでしょう。

調剤薬局やドラッグストアで複数店舗を展開しているところの場合、例えば近くの店舗で管理薬剤師の欠員が生じた場合、短期間手伝いに行ってもらうように求められるケースもあるかもしれません。しかしこれはあくまでも次の管理薬剤師が見つかるまでの暫定措置で、転勤を求められることは少ないはずです。しかも自宅から通える範囲の店舗に派遣されることが多いので、住まいを別に見つけるといった心配もする必要はないでしょう。

製薬会社でも管理薬剤師の募集は出ています。製薬会社でも薬を取り扱っているので、管理薬剤師の需要はあるわけです。薬剤の在庫管理やDI業務、取引のある医者や看護師などの医療関係者から問い合わせのあった場合の対応業務がメインです。製薬会社の場合、管理薬剤師が複数在籍していることが多いです。製薬会社の場合、管理薬剤師でも転勤を求められる可能性があります。製薬会社の大手になると、日本全国に支社や営業所、工場、倉庫を持っているところもあります。

このようなところに転勤を命ぜられる可能性があるので注意しましょう。求人情報をチェックする際に転勤の可能性があるかどうか、確認をとりましょう。もし求人情報ではわからなかった場合には、面接試験の際に質問するといいです。転勤のリスクがある半面、企業の管理薬剤師になった場合、土日祝日休みや長期休暇が取りやすいというメリットもあります。

管理薬剤師の求人情報を見ると、調剤薬局やドラッグストアの案件であれば、転勤なしとしているものが多いです。もしどうしても転勤するのは避けたければ、調剤薬局やドラッグストアの管理薬剤師の募集を中心に応募先を探すといいでしょう。

管理薬剤師の求人に強いサイトランキング!

リクナビ薬剤師

>> TOPページで管理薬剤師求人に強い転職サイトランキングをチェック!