管理薬剤師求人・トップページ > 管理薬剤師とは

管理薬剤師とは

管理薬剤師とは、その名の通り薬局などにおいて医薬品や働くスタッフの管理を行う薬剤師のことを言います。薬局だけでなく、病院や製薬会社といった、医薬品を取り扱う場合には管理薬剤師が必ずいなければならないと薬事法で義務付けられているのです。最近はチェーンの調剤薬局が増えていますが、その場合チェーン全体の経営を行う人は薬剤師である必要はありません。ただし、ひとつひとつの店舗には、薬剤師の資格を持つ管理薬剤師を1人ずつ配置する必要があり、医薬品の管理を行ったり、スタッフが適切な行為をしているかチェック・指導を行うのも管理薬剤師の仕事です。ドラッグストアなど、薬剤師でなければできない仕事が少ない店舗の場合は、店舗にひとり薬剤師を管理薬剤師として置き、その他は無資格の社員やスタッフであることも珍しくありません。

調剤薬局などは一般的にスタッフは数人ということが多いのですが、その中でも管理薬剤師は管理職として一段上の立場になります。それだけ責任もありますが、給料に加えて手当がつく場合も多いです。薬局で働く薬剤師にとって、管理薬剤師はまず目指す立場ということになるでしょう。

管理薬剤師になるには、薬剤師の資格は必要ですが、それに加えて必要な資格があるわけではありません。その職場において、オーナーや上司から指名されれば、どんな薬剤師でも管理薬剤師になることができます。たとえば、ドラッグストアなど、調剤経験が浅くても問題ない場合は、新卒の薬剤師がいきなり管理薬剤師として配置されることもあります。ただしこの場合は別に店長などがいて、スタッフの管理については求められることはありません。逆に、調剤薬局などの場合は、管理薬剤師が実質的な店舗の責任者ということにもなりますので、責任は重大です。医薬品や薬事法に関する知識はもちろん、医療保険などについても知っていないと困るケースもでてきます。もちろん調剤についても他のスタッフに指導できなければなりませんから、3年程度の実務経験は必要と言われることが多いです。もちろん他のスタッフに指示・指導できるだけのコミュニケーション能力や、スタッフの信頼を得る力も必要になります。

薬局がイメージされがちな管理薬剤師ですが、医薬品を扱う事業所にはすべて管理薬剤師の配置が必要であるため、企業や工場からの求人も珍しくありません。この場合はスタッフの管理というよりは、商品が適切な状態に置かれているかを確認するためであり、法令で定められているから配置される管理薬剤師ということになるでしょう。

管理薬剤師の求人に強いサイトランキング!

リクナビ薬剤師

>> TOPページで管理薬剤師求人に強い転職サイトランキングをチェック!