管理薬剤師求人・トップページ > 管理薬剤師を辞めたい時

管理薬剤師を辞めたい時

管理薬剤師が仕事を辞めたいと思う理由で最も多いのは、人間関係です。薬局は、少人数が常に同じ空間で仕事をする職場ですから、気が合わない同僚とも常に顔を合わせて仕事をすることになります。そうなると、常に人間関係のトラブルが起こりやすくなってしまうのです。そして、そんなスタッフの間に立って、円滑に業務が進むように働きかけるのも管理薬剤師の仕事です。ちょっとギクシャクするだけならストレスになる程度ですが、揉め事になると管理薬剤師の管理責任としてオーナーに責められることもあります。また、管理薬剤師は必ずしも年長の薬剤師がなるわけではありませんから、年上の薬剤師にも注意しなければならないこともあります。そういった、人間関係の難しさから、管理薬剤師を辞めたくなる時もあるのです。

また、人間関係によるストレスにも関連しますが、責任や仕事の量に対して、給料が見合っていないと感じた時も、辞めたくなってしまう人もが多いようです。管理薬剤師の業務は、精神的にも体力的にもハードな仕事です。医薬品の管理業務に意外と力が必要で体がきつい、という人もいますし、人間関係のストレスが辛い、という人もいます。それでいて、他の薬剤師を管理する立場ということで、孤立とまでは行かなくても他の薬剤師から一線を引かれるなど、ストレスを感じる要因は多いのです。手当として、だいたい3〜5万円は月々つくものの、それ以上の負担を感じて退職に至る人も少なくありません。その上、学生時代の友人は別の薬局で管理薬剤師として働いていて、自分より給料が高い、となると、自分ももっと給料の高い薬局に転職しようとする人は多いでしょう。

さらに、仕事内容そのものに魅力を失ってしまう場合もあります。薬剤師として、調剤業務にやりがいを感じていればいるほど、その業務が減って管理業務やデスクワークが増える管理薬剤師の仕事にやりがいを見失ってしまうケースがあります。調剤業務を熱心に行っているだけに、経営者側も将来を期待して管理薬剤師を任せるのですが、業務内容が変わることによって熱意が失われてしまうケースです。ストレスが多い割に、本来の薬剤師の業務のようにスキルアップの実感も持つことができない管理薬剤師は、管理業務にやりがいを感じる人には合っているのですが、調剤業務が好きで薬剤師になった人にとっては辛い仕事で、一般の薬剤師に戻りたがったり、薬剤師としての転職を探すようになるのです。

管理薬剤師の求人に強いサイトランキング!

リクナビ薬剤師

>> TOPページで管理薬剤師求人に強い転職サイトランキングをチェック!