管理薬剤師求人・トップページ > 管理薬剤師の休み事情

管理薬剤師の休み事情

管理薬剤師は、調剤薬局、ドラッグストア、病院、製薬会社などさまざまな職場で活躍しています。医薬品の製造、販売、取り扱いがあるところには、管理薬剤師を置かなければならないという決まりが薬事法によって定められているため(病院は別)、管理薬剤師への転職希望の方にとっては求人を見つけるのはそれほど難しくないでしょう。ただ、管理薬剤師はその職場に一人しかいないということが多いですから、果たして休みはしっかり取れるのか、残業ばかり強いられるのではないだろうかと不安になるのも当然です。

管理薬剤師が最低勤務しなければならない時間として、1週間に40時間が定められています。週休2日の職場なら1日当たりの勤務時間は8時間ということになります。それだけなら一般の会社員と変わりはありませんが、職場によっては土曜や日曜も勤務になることは十分考えられるでしょう。調剤薬局、ドラッグストア、病院、一般企業と、職場によって勤務時間や休日はまったく異なりますから、休日を重視するのであれば求人に応募する前によく確認しておかなければなりません。

門前の調剤薬局の場合、営業時間は病院の診察時間と同じであることが多いです。朝は午前9時ごろから始まり、夜は病院にもよりますが午後7時ぐらいまで営業しているところが多いです。週に1日は午前中だけの営業で午後から休みというところも少なくありません。

ドラッグストアの場合は、店舗の運営時間は調剤薬局より長くなる傾向があり、朝は午前10時ごろ開店というところが多いですが、夜は午後9〜10時ごろまでは営業しているところが多いです。最近では24時間営業のドラッグストアも増えていますので、そういう職場ならシフト制で夜中でも勤務しなければならないことがあるでしょう。休日は週2日取れるところがほとんどですが、シフト制では土日に必ず休めるということはないでしょう。ドラッグストアにとって土日や祝日こそ忙しい時期ですから、管理薬剤師となると基本的には平日に休みを取り、土日は出勤することが求められるでしょう。なお、ドラッグストアの管理薬剤師は、薬剤師の業務とは直接関係のないような業務までこなす必要があることが多く、残業や休日出勤も増える可能性があります。

製薬会社などの企業では、その会社のほかの社員と同様の勤務時間と休日になります。午前9時から午後5時までの勤務で、土日祝日もカレンダー通り休めるという職場もあるでしょう。もちろん職場によって残業の多寡は違います。

管理薬剤師の求人に強いサイトランキング!

リクナビ薬剤師

>> TOPページで管理薬剤師求人に強い転職サイトランキングをチェック!